正在加載......

 弱視 . 近視 治療中心 - 兒童眼科
線上疑難解答                                 林超群近視眼科,眼科診所,弱視-台灣學童近視比率之高已佔世界第一,『林超群眼科診所』是全台灣唯一針對兒童近視與弱視的眼科診所
X
 
會員帳號 :
會員密碼 :
忘記密碼  加入會員
分類清單
      進階搜尋

可動式プリズム視力回復トレーニング法 首頁 > 日文版 > 可動式プリズム視力回復トレーニング法

可動式プリズム視力回復トレーニング法

 

これは近視を防止する画期的方法です

 

お子さんが『宿題をしている』『本を読んでいる』

パソコンを使っている』『テレビを見ている時、

同時に近視の予防ができる上、副作用の心配の無い

治療方法です。

   

   

   子供達の近視の悪化は目の使い過ぎが原因です。毎日『宿題』を

 

したり『本』を読んだり、『パソコン』を使ったり、『テレビ』を見

 

たりと、子供達の目はヘトヘトです。 

 

   この方法を使えば使い過ぎの目のストレスを軽くでき、同時に

 

弱視の治療も行え、しかも安心して簡単に子供達の視力の保護が

 

可能なのです。散瞳薬を使ったけど効果が得られなかった、と言うお

 

子さんやずっと散瞳薬を使うのを拒否していたお子さんにはこの「可

 

動式レプリズム視力回復トレーニング法」を取り入れ治療されると更

 

に効果的でしょう。

 

「可動式プリズム視力回復トレーニング法」

 

臨床テストの結果は20041221日に出され、 "中華民国眼

 

科医学会"医療ジャーナル誌に論文を発表しました。

 

この方法で毛様体筋の緩和、仮性近視の度数を低く抑え、また眼球

 

緊張をほぐす事が証明されました。   

 

 

論文発表者:Dr. Chao-chyun Lin M.D. Ophthalmologist

 

 

 

                           

   近視の理由は長い時間、近見視力を酷使する事で起き、子供達は宿題.

 

読書.パソコンの使用.テレビ等を長時間見続ける事で眼球に大きいストレ

 

スを与え、同時に近視は益々悪くなるのです。

  

目が近くを見る時と遠くを見る時では大きな違いが有ります  

 

.毛様体筋(内眼筋)の収縮    

.両眼の内直筋(外眼筋)の収縮             

毛様体

近くを見る時、内眼筋(毛様体とも呼ぶ)が収縮

外眼筋

外眼筋は全部で六つあり、眼球の動きをコントロールしている

 

 

   この二種類の筋肉の収縮は硝子体内部に圧力がかかり、もし長期間続

 

くと眼軸が伸びると同時に近視も悪化します。眼軸が1mm伸びると近視が

 

更に300 悪くなると言われていて、けして軽視はできません。

 

  「可動式プリズマ視力回復トレーニング法」は可動式凸レンズが毛様

 

体筋をリラックスさせプラズマが両目の外転を強化し、硝子体内の圧力を

 

解消する事ができます。長期的に続ける事で眼軸の成長と近視度数の悪化

 

を防ぐ事が出来ます。これは正にかつての方法と全く違う新しい治療技術

 

で、既に世界各国の特許認可を取得し、台湾行政院衛2004"国家バイオ

 

クノロジー医療品質賞" を受賞しました。この原理は近視発生の原因に対

 

抗するものです。

                   

可動式凸レンズは毛様体筋をリラックスさせる(内眼筋)


可動式プリズムは外眼筋をリラックスさせる(両眼外転)

普段近くを見る時 

両眼が寄り眼になり眼球を緊張させる

可動式プリズム

両眼は外転しピントを合わせる時にリラックスする

 

   この「可動式プリズム視力回復トレーニング法」には「遠見用」、「近

 

見用」の二種類の機能があり、「遠見用」はテレビを見る時、「近見用」は

 

本を読んだり、宿題或はパソコンでインターネットする時等に使います。そ

 

れぞれ度数の違うプリズマ凸レンズを使用しており、トレーニングする際、

 

状況に合わせレンズを変える事で眼球の外転運動を活発にし、レラックスさ

 

せる事が出来ます。子供達が遊んでいる時でも学習している時でも、同時に

 

眼をリラックスさせ近視の悪化を防ぐ効果があります。

 

   「可動式プリズム視力回復トレーニング法」は物理用法の一つですから

 

副作用はありません。また散瞳薬と併せてご使用頂けるので、羞明で点薬し

 

ているお子さんにもおすすめです 。これは正に新時代にふさわしい眼の健

 

を守る理想的な方法なのです。

  

普段の暮らしのあらゆる活動に取り込む-リラックス

 

視力回復トレーニング

 

  「可動式プリズム視力回復トレーニング法」は眼に何の負担も無く

 

る「目にやさしい」物理光学治療法なので100%副作用はありません。

 

    トレーニング機さえあれば手軽に日常生活の中で眼のリラックス効果が

 

得られ、使えば使うだけその効果は大きくなります。

 

    この「可動式プリズム視力回復トレーニング法」には「遠見用」、「近

 

見用」の二種類の機能があり、「遠見用」はテレビを見る時、「近見用」は

 

本を読んだり、宿題或はパソコンでインターネットする時等に使います。そ

 

れぞれ度数の違うプリズマ凸レンズを使用しており、トレーニングする際状

 

況に合わレンズを変える事で眼球の外転運動を活発にし、レラックスさせる

 

事が出来ます。子供達が遊んでいる時でも学習している時でも、同時に眼を

 

リラックスさせ近視の悪化を防ぐ効果があります。

 

    日常生活の中で近距離を見る際、以下4つの状況は眼を保護するのにも

 

非常に適したタイミングと言えるでしょう。

 

    

 

、宿題をしている時は近距離で眼を使う頻度が最も高い時で、眼球スト

 

    レスが一番の ピーク時でもあります。その時「ブルーレンズ」を使用

 

    しますが、机と目の間の距離は40センチ以上取ってください。

 

二、次に近距離を見る頻度が高いのは 教科書等の本を読んでいる時です。

 

    その際は、「ブルーレンズ」を使い、机と目の距離は60センチ以上離し

 

    てトレーニングをしてください。

 

三、パソコンのスクリーンを見たりと、更に集中的に目を使う場合には「ピ

 

    ンクレンズ」を使用します。スクリーンと目の間の距離は60センチ以上

 

    離してください。

 

四、時間の長短に関係なく、トレーニングの目的は目のリラックスです。テ

 

    レビを見る場合は「ホワイトレンズ」を使用し、テレビとの距離は2.5-

 

    3メートル程取ってください。

*毎回トレーニングでレンズを使用する際、10分間の間隔を置くだけで次の

 

  トレーニングを続ける事が出来ます。毎日最低でも二回(100 )以上の練

 

  習で理想的なリラックス効果が得られます。近距離で目を使う事が多いお

 

  子さんの場合、レンズの使用回数を更に増やせ ば尚はっきりした効果が

 

  現れます。  

*視力回復トレーニングは一回につき50分です。その時々の状況を見て一回

 

  の練習を50分一気に通しても、何回かに分けてトレーニングしてもどちら

 

  でも可。

 

    何回かに分けて使用する場合:トレーニング機を10分以上使用したら使

 

用した分の時間が記録されます。その後トレーニング機を何回かに分けて使

 

用、或は一時停止や「遠近用」等の機能を使ってトレーニングを続ける事も

 

出来ます。

*毎日の余暇の時間を利用して、20分や30分と短時間であってもこのトレー

 

  ニング法で目を保護し、近視の悪化を防止する事が出来ます。

 

 なぜ“可動式”なんですか?             

                        

   もし凸レンズとプリズムが、ただ目に装着するだけの動かない固定式だ

 

ったら、視力回復の上では何の効果も得られません。目の筋肉も長時間ずっ

 

と同じ状態を保ったまま動かないでいると、その内固くなり近視の度数も益

 

々悪化して行きます。私たちの長い臨床実験の結果、凸レンズとプリズムが

 

持続的循環で動き続けると毛様体筋の緊張の緩和と収縮が起こり、両眼の内

 

眼筋と外眼筋の外転活動を活発にします。眼球運動は眼球の内外の筋肉を鍛

 

える効果があり、その事によって近見視力を頻繁に使ってもたらされる目へ

 

のストレスを抑える事が出来る訳です。

 

   

 

 

余暇の時間や学習している時間でも、目へのストレス

を和らげ近視の進行を防ぎます。

 

  皆さんもご存知のように、子供の目の使い過ぎは近視を進行させる大き

 

な原因です。テレビを見たり、パソコンを使う時、目は常に酷使されていま

 

す。確かに、子供のテレビを見る時間を制限する事は出来ます、しかしコン

 

ピューターを使わない日は無いですよね。特に、コンピューターを使用する

 

際、スクリーンと目の距離はテレビを見るときよりも近いので目を傷め易く

 

、近視の進行にもつながります。じゃあ一体どうすれば良いんでしょう。

 

    科学技術の進歩が皆さんにその難問を解決するお手伝いをします、そ

 

が「可動式プリズム視力回復トレーニング法」なんです。特徴はそのトレー

 

ニングの為に特別な時間を設けなくても良い点です。毎日普通に目を使って

 

いる時、遠くを見る時でも近くを見る時でも好きな時に使用でき、使用さえ

 

すれば目をストレスから和らげるのです。お子さんは近見視力から来るスト

 

レスの緩和を、大人は眼性疲労を静める事が出来ます。副作用も無く、目を

 

傷つける危険も無い、長時間でも連続で使用出来ます。

 

    普段パソコンを使ったり或は一時間宿題をしたとします、それだけで目

 

は近くを見る為だけに視力を集中し、目と眼球全体が緊張状態にあるのです

 

が、その眼球活動を一時的に止め、休憩状態に入ったとしても実際は目の緊

 

張状態はまだ緩和されていないままです。

 

    しかし「可動式プリズム視力回復トレーニング法」を使ってパソコン

 

使用又はテレビを見たり、或はその状態で1時間の宿題をしたとします。そ

 

の時の目の状態は実は目が緊張していない状態よりも良く、正に使いながら

 

にして目はリラックス状態にあるのです。

 

    その原因は、「可動式プリズム視力回復トレーニング法」を実行して

 

る際、目は活動状態ではあっても「凸レンズ」と「プリズム」の助けを受け

 

ると同時に「可動式」が逆に目を運動とリラックスの循環を促している事に

 

なるのです。ですから父兄の皆さんには十分に安心してお子さんにご使用頂

 

けるのです。

 

お子さんは仮性近視ですか?新しい治療方法があ

    ります。

 

    眼科-現在台湾の近視治療及びその予防方法は、その殆どが散瞳薬の処

 

方に偏っています。この方法では近視の発生を起こす原因に対して半分程度

 

の問題解決しかできない為、目立った効果も得られていません。

 

    そこで、私たちは皆さんに目に優しい、副作用の心配の無い物理光学の

 

治療方法をお届けします。

 

    可動式プリズム視力回復トレーニング法は近視が引き起こされる原因に

 

対抗し、眼球の緊張の緩和を促し、近視の悪化を防ぐ副作用の無い画期的な

 

治療方法です。

 



地址:台北市重慶南路一段 143 號 2 樓 E-mail:eyedr@kimo.com
客服專線:(02)2312-2020   傳真:(02)2371-3323