正在加載......

 弱視 . 近視 治療中心 - 兒童眼科
線上疑難解答                                 林超群近視眼科,眼科診所,弱視-台灣學童近視比率之高已佔世界第一,『林超群眼科診所』是全台灣唯一針對兒童近視與弱視的眼科診所
X
 
會員帳號 :
會員密碼 :
忘記密碼  加入會員
分類清單
      進階搜尋

コンピューター視覚症候群 首頁 > 日文版 > コンピューター視覚症候群

『コンピューター視覚症候群』

は主に三タイプに分けられます:

 

一.眼性疲労、ドライアイ、目のかすみ、なみだ等。

二.首、肩、腕等の痛み。

 

三.神経症状及び全身の疲労、高血圧等。

 

 

 病気の原因

 

    コンピューター視覚症候群を引き起こす原因は長時間の近距離で

 

の過度な作業 一、内直筋の収縮で両目が内側に寄る 二、毛様体筋

 

が収縮し、自律神経が過度に刺激され、結果、上述の各症状が現れる

 

のです。

 

 目の症状

 

    一般的に目で良く起こる問題は、目の痛みとかすみでしょう。

 

の目のかすみは成人の大人にある仮性近視で、視力検査の際に近視が

 

50から75度程度の進行が認められるので眼鏡をかけ遠くを見る時には

 

っきり見えない時という症状があります。コンピューターを良く使う

 

人達の中にはレーザーによる近視回復手術を受けた後順調に回復して

 

いた視力が、その後一、二年のコンピューター作業の仕事を続けて行

 

く中で遠見視力がだんだん見づらくなるというケースもあるようです

 

。これらの現象は、いづれもこの新しい治療方法で徹底的に完治する

 

事が出来ます。

 

 新しい治療方法

 

コンピューター操作と同時に〔可動式プリズム視力回復トレーニ

ング法〕で目に対して目の緊張と対抗する運動を行います。一、 プ

 

リズムによる両眼球の外転運動を促す。二、凸レンズで毛様体筋をリ

 

ラックスさせ、毎回50分のトレーニングを行う。トレーニングと同時

 

進行でテレビを見たりコンピューターを使ったり、それを大体三回か

 

ら五回程繰り返す事で自律神経の緊張を緩和し、上記の各症状の改善

 

が可能です。目の疲労及び乾燥等の症状が少しずつ解消され、目がす

 

っきりリラックスして行く上に、今までよりも遠くがはっきり見える

 

事に気づくはずです。

  

 長期的な予防   

 

    これらの症状は35歳以上の年齢層でコンピューターを頻繁に使

 

人達に良く見られ、眼性疲労や目の異物感以外に、眼圧の上昇、

 

それが要因となる緑内障、頭痛及び頸椎の痛み、こり、高血圧等全

 

身の不調を訴える事も珍しくありません。これらは毛様体筋の長時

 

間収縮と両眼の内眼筋の過度の緊張から来る自律神経系統における

 

過度な疲労で、以前は一週間から二週間に及ぶ長期療養が必要とさ

 

れ、療養中のコンピューターの使用は勿論禁止されていました。

 

でも現状はどうですか?

 

   いくら分かっていても、仕事なら否が応でも毎日長時間のコン

 

ピューター操作をしなければならないですし、一、二週間コンピ

 

ーターを使わないという事自体難しいのが事実。しかし、ラッキー

 

な事に私たちは今、新しい方法でこの頭の痛い難問を解決する事が

 

出来るのです。

 

   この画期的な治療方法は[可動式プリズム視力回復トレーニン

 

グ法]と言う凸レンズを使って毛様体筋の緊張緩和を促し、プリズ

 

ムを使って両眼の内眼筋をほぐし寄り目をも防ぐ方法です。約 1

 

間から 2時間のトレーニングで眼を疲労や痛み等の各症状から解放

 

出来ます。毎日 6時間以上コンピュータースクリーンと付き合わな

 

ればならないコンピュータ族には、是非このトレーニング機を一

 

台お手元に準備される事をお勧めします。毎日のお仕事の際、12

 

時間をこのトレーニング機と共に目のリラックスをするだけで〔コ

 

ンピューター視覚症候群〕の発症を避ける事ができ、またこれは今

 

最も理想的な長期的予防方法でもあるのです。

 

   眼科医学会理事長である許紋銘氏は、子供達が長い時間休み無

 

インターネットで目を酷使し、その際子供達の眼圧が上昇傾向にあり

 

、既に緑内障の前兆が見られると多数の眼科開業医の医師達から報告

 

を受けていると指摘しており、今この問題の深刻さが浮き彫りになっ

 

ています。

 

   また、台北栄総病院の眼科主任でもある同氏は、コンピューター

 

ネットワークの拡大と共に多くの小学生、中学生が頻繁にコンピュー

 

タや、インターネットを日常的に使用しているのは否めない事実だと

 

言っています。最近、同氏の所に2、3日続けてインターネットで遊

 

んでいた小学生を二人続けて診察したそうですが、どちらもインター

 

ネット使用中、目に刺さるような痛みを感じ病院に運ばれて来ており

 

、診察時、その眼圧は水銀柱が既に三十ミリにも達する程異常に高く

 

、眼圧を抑える目薬を点薬し冷湿布を施してから一週間経過してやっ

 

と回復したと語っていました。

 

   日本の最新研究によると、一日の内コンピューターのスクリー

 

6時間以上見続けるコンピューター族で、元々近視を持ち、同時に

 

長期的にコンピューターを過度に使用し続けている人が眼性疲労、

 

の乾き、かすみ等各種症状を感じている場合、その人達が将来緑内

 

になる確立は、正常な人と比べ数倍も高くなると証明されています

 

アメリカ職業安全健康局(OSHA)や日本の厚生省等はコンピ

 

ター作業時は、スクリーンと目の距離を6070センチ保ち、その40

 

45分の操作ごとに1520分の休憩時間を置く事。また、休憩時

 

来るだけ遠くを見たり或は目を閉じ仰向けになって休む事等を薦め

 

います。

 

    工業と商業が中心となり益々競争の激しさを増す現代社会では

 

む時間すら確保するのが難しくなり、こういう背景が有るからこそコ

 

ンピューター族の眼性疲労は増加しているのです。海外からの報道の

 

中で、端末機を前に連続2-4時間仕事をするだけで、一時的な近視を

 

き起こし 、それと同時に、両眼の内眼筋運動能力を低下させるとあり

 

ました。深刻な人になると、両目の痛み、疲労が起き、ドライアイ、

 

のかゆみ、かすみ等の症状も併発しています。これらは、短期的に

 

は仮性近視の現象ですが、長引くと真性近視につながり、そしてその

 

まま放置して置くと、度数も益々悪化の一途をたどり、結果として手

 

に負えない深刻な問題になり得るのです。

 



地址:台北市重慶南路一段 143 號 2 樓 E-mail:eyedr@kimo.com
客服專線:(02)2312-2020   傳真:(02)2371-3323